機械の種類

草刈機には、自動車のように人が乗り、ハンドル操作をしながら大きな刃で、広い範囲で草を刈っていくことが出来るものがある。
人が手で持ち、狭い範囲で草を刈るために作られた草刈機もある。こちらは、刈払機と呼ばれている。

刈払機の中にも、種類分けがある。
例えば、刈払機の先に付けられる刃の種類もそのひとつである。
刃には、金属製の刃と「ナイロンカッター」という2種類のものが存在しているのである。前者は、ギザギザのついた円盤型の、金属製の刃を指す。
それに対して、後者はコード状のナイロン刃が巻かれ、それを巻き尺のように必要なだけ引き出すというものになっている。
ナイロン刃の切れ味が落ちれば、さらに手繰り出して新しく外に出た部分で草を刈っていくのである。

その他、刈払機の動力源が電気である「電動式」のものと、「エンジン式」のものがある。
用途や場面に応じて、どれが適切かを選んで購入し、使用するということになる。

使われている場所

草刈りや芝刈りが必要な場所は多い。草は、アスファルトやコンクリートに覆われているか、土だらけの土地以外のあらゆる地面に生えてくるものだからである。
そういった場所の中で、特に人がさまざまな用途で使用する土地、地面に対しては、草刈りや芝刈りが行われる。
草刈機の登場である。

草刈機の中でも、人が一人で使うことが出来る小回りのきく刈払機は、どのような場所で使われているのか。
その場所も、意外と多岐にわたる。
例えば、一般家庭で使われる場合もあるし、農業や林業といった分野で使われる場合もある。
刈払機が登場した当初は、後者の分野で特に使われていた機械であった。
林業の場合には、植林している山の中で雑草がはびこり、林が上手く育たなくなってしまうのを防ぐために刈払機が使われた。足場の不安定な山の中でも、軽くて使い勝手の良い刈払機は便利な道具だったのである。
農業の場合でも、雑草を刈り払うという目的自体は同じである。

一般家庭では、この道具は庭の草刈りなどに使われる。ちょっとした広さのある家庭菜園の草刈りには、もってこいのサイズであるとも言える。

もとは、林業や農業のために作られた道具であるため、それらの分野で使われる道具を販売している店で購入するのが一般的であった。
ただ、最近では広く一般の人たちも利用するホームセンターでも発売されており、多くの人が購入している道具でもある。インターネット上のネットショップでも販売されており、購入の方法も手軽になった。

とはいえ、林業や農業で使われる場合と一般生活で使われる場合とでは、少々具合が異なってくることは押さえるべきであろう。
つまり、前者の場合に行われる草刈りは「労働」であり、それに際しては刈払機を使うための講習を受けなければならないのである。
それに対して、一般家庭で利用する場合には、基本的に講習を受ける必要はない。ただし、回転する刃が当たる草を片っ端から刈っていくという強力な道具であるため、扱いが心配だという人は講習を受けるのも手段のひとつかもしれない。
むしろ、一般的な利用であっても講習を受けたほうが良いという意見もある。

自治体になどに問い合わせると、無料での講習について案内してくれる。

オススメリンク

刈払機ならこちらの製品が安全性が高く人気です。庭の整理の際に是非こちらの製品を購入してみてください。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年9月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930